創り屋 -静々窯-
様々な出会いに心から深く感謝です。 下村裕司を末永くよろしくお願いします。
プロフィール

JIMO

Author:JIMO
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tokio
東野圭吾の「時生」を読みました。
不治の病を患う息子に最期が訪れつつあるとき、主人公は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった自分は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人の行方を追い自分の出生の秘密に触れ、肉親のつながりを初めて実感する。
父子の感動的な物語でした。

昨日のお休みに、高校時代に自転車通学をしていた懐かしい道を、さくら吹雪の中ヒバリのさえずりを聴きながら、車で(笑)辿りました。
息子をもつ私は、はて、私という息子をもつ父はどうだったかと
今更ながらじっくりと考えるいい時間になりました。

人生は切なくも愉しいものだと思います。
がんばって生きなければ。
息子たちのために。
スポンサーサイト
ロングバケーション
30周年を迎えた、大瀧詠一「ロングバケーション」。
持ってるのはレコードなのでCDはありがたい。

てなことで
懐かしいサウンドにどっぷりつかっています。
大好きだったんですよ
昔はこんなに透明感がある楽曲はないよと
思っていました。

よく聞いていたせいか
歌詞の一つ一つ・・・
あの頃の様々な情景・・・
いろんなことが思い出されて
甘い幸せな気分になります。

srcl8000[1]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。