FC2ブログ
創り屋 -静々窯-
様々な出会いに心から深く感謝です。 下村裕司を末永くよろしくお願いします。
プロフィール

JIMO

Author:JIMO
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことば彩り
飲食店の開業でしばらくお休みにしていた
ことば彩り
再開しました。

順次さかのぼって過去の未発表分も
作っていきますね。



長月

今年の夏はとくべつ暑かった
九月に入ってもまだまだ残暑が続いています
私は猛暑日には家でじっとしているより
暑くても外出しているほうが
過ごしやすいように思います
じりじりと照りつく陽射しも
街路樹の葉が風に揺れる様を
くっきりと路上に映し出しているのを見ると
すこしの涼を感じます
またこの夏は姫路美術館の「フランダースの光」
山陽美術画廊「身野友之展」
共に自然界にあふれる光を描いた作品ばかりで
こころが洗われ清涼感を感じる絵に沢山出会いましたよ
「視点を変えてみること」は大切なんですね

スポンサーサイト
夏が行っちまう・・・
今年も大好きな夏が終わっちまう・・・

グラウンドにじりじりと照りつける強い陽射し
凍ったグラスに注がれた生ビール
陽の香りがする温みをもったままのTシャツ

家島沖のキス釣り
立ちのぼる入道雲に向かって走る高速道
お城まつり

そして高校野球・・・・
熱狂しましたねえ。
中でもふたりの言葉が印象的でした。

○興南の我喜屋優監督
 (春優勝後、夏に向けてしたことは?の質問に)

「花を咲かせたい。
花を支えているのは枝であり幹である。
それを力強く支えているのは目に見えない根である。
いちど考えを切り替え根作りから始めた。」

○仙台育英の日野選手

延岡学園―仙台育英の延長12回表仙台育英1死満塁、日野が中前へ勝ち越しの2点適時打を放つ。

「緊張しました。
しかし人生こんなに震えるほど緊張する場面がそんなにあるだろうか。
だったら一度きりのこの瞬間を楽しんでやろう。
そう思って思い切りバットを振りました。」

えー話でしょ?




えー話の後に不謹慎なんだけど
以下、良く見ると「マジ?」と思える写真。
お城まつりで見かけ、つい写メ撮りました。
CAAP9R8Y.jpg

身野友之展
山陽百貨店で身野友之さんの絵画展が開かれている。

「蝉しぐれ」
「海の見える道」
一目で気に入ってしまいました。


1971年兵庫生まれ。神戸大法学部卒という異色の経歴の持ち主です。
自然との関わりをつなぐ
水辺を独自の視点でとらえた作品や、
京都をじっくりと描いた新作の数々。


未舗装路に木や建物の影の落ちている絵が何点かあり、絵と影について考えました。
身野さんの絵の中に落ちる影はくっきりと濃い。
日差しが強く感じられるのです。

影が濃いといっても、黒くつぶれているのではなく、
土の色ははっきりと認識できるように描かれているのです。

僕はもとより春夏の太陽の光が大好きなので
これらの絵の中には
自然にすっと入りこむことができたのです。

ほしい絵があったのですが・・・
超高額につき、あきらめました(笑)

DSCN1044_edited1.jpg
DSCN1035_edited1.jpg

歌麿
やっと盆休みをいただき、ゆっくりしました。

久しぶりに三宮に行きました。
食材の開拓も兼ねて
食べ歩いたり、食材店をのぞいたり、
ひとりでウロウロ、好き勝手です。

そして今回の神戸旅行のメインは
市立博物館の
「ボストン美術館浮世絵名品展」
鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽です。

中でも歌麿の色彩は素晴らしかったですよ。
約200年前の絵師ですが
迫力ある人物の描写、しかも無背景に雲母摺をほどこした贅沢な錦絵。
ため息でした。

part2_img01.jpg

宿題
子どもは夏休みの自由と引き換えに
宿題というサダメを背負う。

自分の子供のころを回想しても
とにかく「夏休み」というものは
超スペシャルに嬉しく楽しいものでした

できることなら
あの頃の夏休みをもう一度味わってみたいなあ・・・


で、、、宿題。
子どもの理科の自由研究につきあいました。

そもそも電球というもの
発光部分をフィラメントといい
その昔エジソンは
膨大な数のフィラメントを実験し
日本の京都の竹の炭素も有効な材料として認めたとか。

じゃあ、身近な炭素の細い棒。。。シャープペンの芯
をフィラメントに見立てて
電球を作ってみよう
という実験をしました。

単純にガラス瓶の中で芯に電流を流すだけなのですが
試行錯誤ののち、
とうとう光ったんですよ!
感動!

子どもより、こちらのほうがムキになった宿題でした。

名称未設定 2

そしてまたヌアージ
懐かしい知人と飲むことにして
選んだ先がやはりヌアージ

ガットギターの甘い柔らかな
音を聴きながら
まあ、ふたりとも飲むのむ・・・
2時間なんてあっという間ですね

この日は多くのボーカリストが
客席に座っておられまして

ライブの最後にはいろんな方の
いろんな「All Of Me」を
聴くことができました。

たけさんギター御苦労さま

CAOE6DQ6.jpg

つめきり
僕はこの歳になるまで
いただきもの以外の爪切りを使ったことがなかった。
○○工務店
○○自動車
いろんな爪切りが我が家には有る

さて先日、山崎の特設ステージに出演した時
ギターを弾く私は
爪が伸びていることに気付き
生まれて初めて
爪切りを購入しました。

100円ショップがないので
ドラッグストアに行くと
なんといちばん安くて1800円もするのだ。
たかが爪切りだよ。
憮然としつつ、必要に迫られ購入。

ところが
これ、めっちゃくちゃ優秀。
「グリーンベル社の巧みの技シリーズGokuBiSo」って爪切り。
切る時の感触も優しくて、
あー良い刃を使ってるんだと実感しました。

やはりいいものは、それなりの対価が必要なのね。

CA5BFSQA.jpg

ヌアージな夜・・・
ヌアージという素敵なダイニングバーがあるのだが、ご存知?
ワタクシのお気に入りの店です

こじんまりとした店内は
あたたかな雰囲気に包まれ
落ち着いた気分になります。

多くの人がふらりとここのカウンターに座りに来る気持ちがわかる。

そして店主はギタリスト
お店の壁には
ギブソンのセミアコなどが所狭しとぶら下がっていて
それがまたいい
興が乗ると彼はギターをはにかみながら抱え
素晴らしいテクニックを控えめに披露してくれます。
そしていつも誰かが即興でその音楽に乗っかっていきます。
(そんなヌアージはここをクリック)

ヌアージではときどきライブが行われます。
僕はライブの時間は営業中でなかなか会社を出ることができないのだが
昨日はたまたまラッキーなことに
kumikoさんの歌声を聴くことができました。

この方の声は大好きです。

昨夜は「愛はかげろうのように」を
たっぷり彼女の声で楽しませてもらいました。

素敵な音楽につつまれ
おいしい料理をいただき
そして大好きなターキーをちびちび飲みながら・・・

あーなんてヌアージな夜

名称未設定 1


あまり懐かしかったので
以下、「愛はかげろうのように」の歌詞

シャーリーンかオリビアニュートンジョンが有名だったよね?

Hey lady, you lady
Cursin' at your life
You're a discontented mother
And a regimented wife
I've no doubt you dream about 
The things you'll never do  
But               
I wish someone had talked to me 
Like I wanna talk to you...   

Ooh I've been to Georgia       
and California
And anywhere I could run       
Took the hand of a preacher man  、
And we made love in the sun     
But I ran out of places        
And friendly faces          
Because I had to be free       
I've been to paradise   
But I've never been to me  



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。