創り屋 -静々窯-
様々な出会いに心から深く感謝です。 下村裕司を末永くよろしくお願いします。
プロフィール

JIMO

Author:JIMO
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しし座流星群
今日は星に思いを馳せています。

なぜなら七夕に関するコラムを書かねばならないから。

けど、さっきからずっと同じイメージがリフレインしてます。

2001年11月18日・・・しし座流星群に会えるかもしれない夜。
僕は姫路の飾磨方面に居たんだが
曇っていて星がよく見えない。
星空を追いかけて車を駆って、
気づけば遠く三日月町の奥、
学園都市あたりまで行ってしまいました。

でも行って良かった。
町の明かりが届かない場所です。
何百年に一度しか見ることのできない
信じられない光景がそこに現れたのです。

何十個、何百個という流れ星が
神々しく光りながら降ってくる・・・まさに流星雨!

ふたつ流れたかと思うと、
すぐさま赤や青の長い光の尾を引いた星が二つ三つ四つ五つ同時に流れたり・・・。
白い息を吐きながら暖かいコーヒーを手にいつまでも見上げていた。

こんな素晴らしい自然のレビューに出会えたことは奇蹟ですよね。

奇蹟って瞬間を言葉にするのって難しいなあ。。。
思うことをどう伝えたらいいだろう?と
思い考えていたら
コラムはできずに歌詞ができちゃった。。。。

はは・・・
またライブでお披露目したいと思います。

うーむ・・・コラム・・・

しし座流星群2001年
スポンサーサイト
七夕
来月の「ことば彩り」のテーマは七夕。

今日、なぜ七夕と書いてたなばたと読むか?
というコラムを仕上げたのですが
あまりの説明調に嫌気がさしてボツにしました。

織姫と彦星の年一回の逢瀬を祝う祭りと
豊穣を願い機織(はたおり)をする祭りが
ほぼ同じ時期だったらしい。
この機織の機(はた)は棚機(たなばた)と呼ばれてたらしい
で七夕(しちせき)がどちらの読みでも通るようになったとか・・・。

やっぱり単純に書いたつもりでも説明調は否めないなあ・・・。

何を書こうかなあ????

待つ
また新聞ネタだが、今朝の正平調で・・・

「待つ」ということが人の持つ当然の姿だった時代。
それはつい最近まで存在したと思うのですが

待つとは、信頼であり期待であり悲哀でもあり
それが人の深みというものかなと思いました。

待たなくてもいい現代社会。
携帯やコンビニは、欲求を即時に満たします。
その世界しか知らない世代は
緊急でもないのに相手からすぐに返信がないと
落ち着かず挙句の果てにキレてしまう。

どれだけ人を待てるか
言い換えれば
「どれだけ相手を信頼できるか」です。

待つのは夢や理想であってもいい。
あきらめる人は好きじゃない。
懐深くそして熱く生きていこうと思います。

challenge & try
今朝の新聞で野茂英雄のコラムがあった。
野球をするために!
ピッチャーマウンドに立ち続けるために!
今自分はどうすればいいかを考え続けることができる選手だ。
40歳を超えていまだ現役の大リーガーです。(厳密には4月に戦力外となるが。)
われわれ中年の星です。

「挑戦すれば、成功するかもしれないが失敗もある。
しかし挑戦しなければ成功することは無い。」
という言葉を思い出した。

僕もいつまでも自分が創り出す世界を
たくさんの人に見てほしい。
そのためにどうするか!
年齢は関係ない。

切ないことも多いけど
一度きりの人生
やはりchallenge!
tryし続ける姿勢を持ち続けよう!

いい歳をして・・・ひとつ前進。

HideoNomo.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。